Coffee

再始動。自家焙煎を久々にやったら、やっぱり楽しかった。

コーヒー豆の生豆

最近はコーヒー熱が再上昇中で、いかにお家で美味しいコーヒーを飲むか日々研究中。

ボクがコーヒー沼に足を突っ込んだのは10年以上前なんだけど、その時に自家焙煎という、ドロドロの沼にも片足を突っ込んでいたんですよね。

その沼に再度飛び込んだわけですが、やっぱめっちゃ楽しい!!

という事で、ボクが自家焙煎で使ってる道具やら楽しさをお伝えします。

関連記事「エアロプレス GO」を買いました。違いはもちろん携帯性。アウトドアでコーヒー淹れる人、おすすめです!

再始動。自家焙煎を久々にやったら、やっぱり楽しかった。

コーヒー豆の生豆

自家焙煎をすると、自分好みのローストに調節する事ができて毎日新鮮なコーヒーを飲む事ができます。

これが1番のメリットじゃないかな。

「この豆はあんまり浅くしない方が良いかも」
とかも、なんとなく分かってきます。

浅煎りが好きな人は浅く、深煎りが好きな人は深くする事ができるし、なんてったって生豆は安いし保存が効く。

焙煎してると、コーヒーが焼けて良い匂いもしてくるんですよね。

自家焙煎を始めると、普段飲むコーヒーがどうやって生まれるのかがよく分かります。
そして、その難しさや奥深さも身にしみて分かってきます。

ボクが一番最初に焙煎したときは、ビックリするくらい不味くって、ホント今でも思い出せるくらい。

そこから、あーでもないこーでもないと研究するんだけど、研究段階も楽しいし、コーヒーだって確実に美味しくなってきます。

豆の姿形の違いもよく分かるし、もちろん各国で取れるコーヒーの味の違いもよく分かります。

そーこーしてると、沼にハマってるわけですね。

自家焙煎で必要な道具

自家焙煎で必要な道具は

  • 生豆
  • 煎り機
  • ザル
  • うちわ
  • 軍手
  • クリップ
  • アルミホイル

これだけ。

うちわや軍手、アルミホイルやザルは家にもあると思います。
クリップもあるかな。
なので、買い足さないといけないのは生豆と煎り機です。

生豆はアマゾンとか楽天とかでも売ってるので、最初は安いのからチャレンジするのが良いかなと。



ボクが使ってる煎り機は、アマゾンとかに売ってる銀杏煎り機。
今見たらめっちゃ価格上がってる。昔は2000円しなかったと思うんだけど。



その他にも色んなホームロースターグッズがありますね。

まとめ

手網焙煎したコーヒー豆

という事で、自家焙煎はやっぱめっちゃ楽しいぞって話でした。

詳しいやり方はまた後日にして、興味のある人は早速チャレンジしてみてください。

コーヒー好きは、きっと楽しいと思う。

-Coffee
-

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.