Cycling

しまなみ海道サイクリングでおすすめの山々

2020年2月12日

自転車に乗っている方から人気のしまなみ海道
しまなみ海道と言えば、走りやすい自転車道、瀬戸内海の景色を求めて毎年たくさんのサイクリストが訪れる場所となりました。

遠方から初めて来る方は、正規ルートを走っているかと思います。正規ルートとはブルーラインが引かれている道ですね。もちろん初めて走る方は正規ルートを楽しんでもらってOKなのですが、もし時間があるなら行って損はしないおすすめ絶景スポットがあるのでご紹介したいと思います。

おすすめの運動は?と聞かれたら「自転車って答えてます」

続きを見る

しまなみ海道の山々

亀老山展望台に行く途中


しまなみ海道について調べていると、意外と山に関しての情報が少ないんですよね。

これはみんなに伝えねば!!」と言う事で、今回はしまなみ海道にあるヒルクライムスポットについてお伝えしたいと思います。

ヒルクライムと言っても、長い距離を時間をかけて登るって感じではありません。
瀬戸内の島々はとても小さいので、標高は高くなく短時間で登ることができる坂道だと思います。

山頂からは瀬戸内の絶景を眺める事が出来るので、是非トライしてみてください。

では、僕が住んでいる尾道側からご紹介していきます。


高見山展望台(向島)

山頂の展望台より

  • 標高 283m
  • クライム距離 約2km
  • 平均勾配 7.9%

最初の山は尾道市向島町にある高見山展望台
春になると桜が咲き、秋や冬の空気が澄んでいる時には四国山脈が見える素敵な山です。因島大橋も見下ろす事ができ、尾道出発だとアクセスしやすくウォーミングアップに丁度良いかも・・・

因島公園 テレビ塔展望台(因島)

テレビ塔展望台より

  • 標高 207m
  • クライム距離 約1.5km
  • 平均勾配 10%

尾道から2個目の島、因島(いんのしま)。正規ルートから少し外れた天狗山の頂上が因島公園テレビ塔展望台です。
とにかく最後の坂道は勾配が強いので、押して上がる人が多い場所です。
こちらも春になると桜が咲くので、多くの地元民が訪れる場所です。

観音山展望台(生口島)

  • 標高 約290m
  • クライム距離 約3km
  • 平均勾配 6.9%

尾道から3つ目の島、生口島(いくちじま)にある観音山
生口島はトライアスロンが開かれていた島で、有名な観光地でいうと耕三寺とか平山郁夫美術館がある島になります。
トライアスロンのコースもかなりの激坂ですが、絶景!という訳でもないので今回は外しました。
観音山も瀬戸内ならではの景色が見れる、絶景ポイントとなります。
(写真撮ってなかった・・・泣)

鷲ヶ頭山(大三島)

鷲ヶ頭山山頂より

  • 標高 約236m
  • クライム距離 約4.2km
  • 平均勾配 8.9%

尾道から出発すると今治最初の島、大三島(おおみしま)にある鷲ヶ頭山(わしがとうざん)。
しまなみ海道の中で一番標高の高い山だと思います。山頂付近は岩肌がむき出しになっていて、鷲が飛んでいる!!かも!
景色ももちろん良いので、缶コーヒーを持って行ってゆっくりするのも良いかも!
鷲ヶ頭山の途中に「安神山(あんじんさん)」と書かれた道があるんだけど、安神山は登山道なので行かないように!行くと苦労します。。経験者は語る。

開山公園(伯方島)

開山公園に花見に行った時の写真

  • 標高 約137m
  • クライム距離 約2km
  • 平均勾配 6.5%

伯方の塩で有名な伯方島(はかたじま)にある開山公園
ここの開山公園も桜!自転車で行った時の写真が無くて、思い返してみるとあの日は雨だったんだ。
っていう想い出も印象深く残るサイクリングは、やっぱり良いですよね!

亀老山展望台(大島)

亀老山展望台から少し下った絶景ポイントより

  • 標高 約300m
  • クライム距離 約2.7km
  • 平均勾配 8.5%

尾道を出発して最後の島、大島(おおしま)にあるとっても有名な亀老山(きろうさん)。
亀老山展望台からは、来島海峡大橋を見下ろす事ができる有名絶景ポイント!
山頂には売店もあって、そこで販売している藻塩アイスと絶景がご褒美です。
ヒルクライムの最中に見える絶景は、言うことなしにサイコーです。

しまなみ海道番外編

しまなみ海道沿いでは無いんだけど、僕が住んでいる尾道にも実は素敵な山があって、尾道水道が見下ろせる絶景場所なので番外編でご紹介します。

鳴滝山展望台(尾道)

鳴滝山展望台より

  • 標高 約402m
  • クライム距離 約3.3km
  • 平均勾配 8.4%

尾道で生まれた小学生は、よく遠足とかで登らされてた山。
山頂の展望台に行くには少し険しい道を担がないと行けないんだけど、行くと絶景のご褒美が待ってます。
尾道水道を見下ろす事ができ、隣町の三原市まで見えちゃう素敵な山。
昔はパラグライダーが飛び出す場所だったんだそうな。

瀬戸内海の山々は斜度がキツめ

冒頭に「標高は高くなく短時間で登ることができる坂道」とお伝えしましたが、島が小さい為、勾配がキツい部分があります。
どの山も山頂付近になると勾配キツ目。

ハァハァ言い、「あともう少し!」って思いながらカーブを曲がると「ま、マジか・・・」ってなる感じです。伝われ!!

あと、どの山も道がかなり狭い箇所があります。
注意して走行しないと、車や他のサイクリストと衝突してしまう可能性があるので、安全運転・レフトキープで走行しましょう!!

せっかく楽しいサイクリングなのに怪我したら台無しになっちゃう。。。


まとめ

今回はしまなみ海道の島々にある絶景ヒルクライムスポットのご紹介でした。
各島に1つずつおすすめな山があるので、時間がある方は是非行ってみて下さい!

自転車に乗って山を登るのは、大変です。とってもしんどいですし・・・

でも、みんな登るんですよね。
それはやっぱり「良い景色が見れる」「達成感がある」からなのかなーと思ってます。

しまなみ海道の島にある山は本当におすすめです。
是非、瀬戸内海の景色を見て心癒されて下さい!

-Cycling
-,

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.