Cycling

グラインデューロってなに??今注目のイベントを調べてみたら出た方が楽しそうって事がわかった。

2019年8月7日

サイクリストの人!自転車好きな人!
気になっているのではないでしょうか?

今注目のGRINDUROについて僕なりに調べてみると、みんなエントリーした方が良いと思う。たぶん、絶対、楽しい。


GRINDURO(グラインデューロ)とは

https://grinduro.com/

RINDURO JAPANでは、マウンテンバイクライダー、シクロクロスレーサー、グラベル好き、土の上が少しでも好きな人はとことん楽しめるイベント。
グラベルロードのレースとマウンテンバイクのエンデューロを織り交ぜた、グラインデューロならではのスタイルとなっている。
1日のコースには、舗装路、グラベル、ダートが含まれ、ゴールタイムは4つのセグメントのタイム計測の合計に基づき決定される。

オールラウンドなライディングスキルが求められ、元プロダウンヒルレーサー、プロロードレーサー、シクロクロスの現プロライダーがこれまでに海外では勝利を収めている。

しかし、グラインデューロはただのバイクレースではない。
楽しいことが一番!フード、ハンドメイドバイク、心地よい生演奏、キャンプ、そして和気あいあいとした雰囲気から生まれるお祭りなのだ。 

http://www.diatechproducts.com/special/grinduro_japan-news/index.html

みんなで出よう

出れるなら出た方が良いです。
このイベントは絶対楽しい!!そぉ、楽しいです。たぶん


何故そんなにも楽しいのかというと

  1. イベント自体がレースだけではない
  2. オンロードだけではない
  3. 色々なバイク(自転車)が見れる


1から順に解説していきやしょう。

1.レース主体のイベントではない

レースって聞くと、「なんだ。レースか。」って思う人いませんか?
レースのハードルって高いですよね。逆にイベントのみ!だと、レース志向の人は「なんだ。イベントか。」ってなるかもしれません。

一方、GRINDUROはどちらもあるのです。

1日のコースには、舗装路、グラベル、ダートが含まれ、ゴールタイムは4つのセグメントのタイム計測の合計に基づき決定される。
しかし、グラインデューロはただのバイクレースではない。
楽しいことが一番!フード、ハンドメイドバイク、心地よい生演奏、キャンプ、そして和気あいあいとした雰囲気から生まれるお祭りなのだ。 

http://www.diatechproducts.com/special/grinduro_japan-news/index.html



競う事が好きな人、楽しく感じる人はこの4つのセグメントをブッ飛ばす。
競うのはちょっと・・・って方は1日のコースを全力で楽しむ。

ライドが終われば、みんなのバイクをジロジロ見ながらお話したりできるんだろうね。
レースの要素もあるGRINDURO。楽しそう。


2.コースの約70%がグラベルやダート

  • 舗装路
  • グラベル
  • ダート
  • シングルトラック

GRINDURO公式サイトにはこんな事が書かれていました。

警告!:日本の山そして斑尾のコースは荒れているところが多々あります。また急な箇所もあります。まじめな話ロードバイクに乗って出場しても、結局のところ徒歩で終わることはほぼ間違いありません。 シューズは、SPDタイプを強くお勧めします。ロード用SLタイプだとバイクをダートを押したり、もし川を渡ることがあったりしたときに大変なことになります。 

https://grinduro.com/japan-jpn


だ、そうです。
すでにMTBでバリバリ走っている方や、シクロクロスのレースに出ている方は自転車の準備は大丈夫だと思います。

日本にはグラベルと呼ばれる海外のような長ーい砂利道はあまり無いですよね。斑尾にはあるのでしょうか。楽しみすぎてしょうがない。


3.色々なバイクが来るはず

1日のコースが素敵すぎる。魅力的すぎる。
グラベルやダートも含まれるので、MTBやグラベルロード、色々な個性が詰まった自転車が見れると思います。

こだわりの自転車がたくさん来ると思うし、各メーカーの自転車の展示もあるかもだし、エントリー前日にあったプレイベントではAboveBikeStoreの須崎さんがグラインデューロについて説明されていたので、ハンドメイドバイクも見れるのかな。2回ほど見たけど、チョーかっこよかったし、いつか乗りたい。
Grinduroには、そんなバイクがたくさん来るんだと僕は思ってる。


イベント参加を勧めるのは

イベント参加を勧めるのには理由があります。

僕自身がシクロクロスのレースに出て楽しかったから。
レースって聞くと、拒否反応出たりするんですけど、シクロクロスは少し違ったんですよね。
カテゴリーに分かれてはいるし、速さを競ってるんだけど、普段走らない道やコースを自分の力とバイクの力で走ってる感じが楽しかった。

もちろんタイムを競う競技ではありますが、楽しみ方は人それぞれのレースだと感じたました。


Grinduroも似てる気がする

今回日本で初めて開催されるGrinduroもシクロクロスで感じた楽しさに近い気がしています。
地方で行われているシクロのレースよりも規模を物凄く大きくした感じですかね。世界規模だもんね!

シクロよりも楽しみ方は人それぞれな感じがします。


過酷そうだから出るのが怖い人

今回のコースは【80km/2000m】
しかもコースの約7割がグラベルやダートだから結構ハードだと思う。

でも、そんな人の為に【40km/1000m】のハーフコースも用意されてるし、家族やお友達用にキャンプのチケットも販売されてた。

その場の雰囲気を感じるだけでも来年は!!ってなるかもしれません。


今年のチケットは・・・

はい。今年のチケットは売り切れてます。。。
チケット28,000円。買った人は安いと感じたんだ。

開始、数分で売り切れてしまったみたいですね。それだけ皆んなが注目していたという事です。

今年これだけ人気があったんだから来年も開催されるのでは無いでしょうか??
来年のために、今年から準備しておいて損はないです!お仕事もお休みもらえるように頑張らないと!!

新たな自転車のために貯金をし妄想を膨らませましょう。


Grinduroめっちゃ楽しそうじゃないですか?

うん。めっちゃ楽しそう。

「一緒に行く人がいないよ。。」って方。
独りぼっちでも大丈夫!皆んな自転車好きだから!たぶん。


僕は見事にエントリーできたので、Grinduroを全力で楽しみたいと思います。

タイヤ何にしようかな。。。妄想は膨らむ。

-Cycling
-

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.