Camera

CHROME INDUSTRIESのNICO CAMERA SLING2.0を買いました

2020年5月5日

そぉ言えばカメラバッグ持ってないな。という事で、カメラバッグ買いました。


ご存知の方も多いと思います。
自転車業界では不動のバッグブランド

CHROME INDUSTRIES

主にメッセンジャーバッグが有名ですが、様々な種類のバッグ、自転車関連のアパレルを展開するストリートブランド。
現在クロームのリュックも使っていますが今回購入した

NICO CAMERA SLING2.0

のご紹介。
手軽なサイズで防水仕様のカメラバッグ。カラーもマットなブラックでいい感じです。

2019年買って良かったものベスト5。的なのやってみたかった。

続きを見る

スペック

・襷掛けできるストラップにサイドリリースバックル付き・上部にジッパー付きの開閉口
・バッグ内部の保護パッドでカメラ、2個のレンズ、フィルム、小物などを安全に持ち運び可能
・2箇所の取り外し可能なモジュールデバイダーでカスタマイズ可能
・バッグ内部に伸縮性に優れたサイドポケット
・デュアルコンプレッションストラップ付きのフラップ
・フラップの下にジッパー付きポケット
・背面にジッパー付きポケット
・1,000デニールトラックタープ
・キルティングを施したトリコットライナー
・5L W28×H19×D18(cm)

クロームインダストリーズ公式より引用



見た目

以下見た目写真です。
中もしっかり写真撮ってみました。

真正面


表面もポケット有り


背面のポケット


おじいちゃんから貰った三脚を着けてみた
三脚がデカすぎる


側面のストラップにコンパクト三脚をつけることもできる。


中はカメラを保護してくれる感じが伝わってきます


メインのサイドポケット


保護パット
大:2枚 小:2枚


使った感じ

カメラバッグの宿命だと思うんだけそう、機材を守るために結構しっかりしたバックなんだよね。しっかりしたバッグって、「固い」んですよ。
買うまでは「背負いにくそう」って実は思ってました。が、実際に散歩やライドで使ってみると、意外といい感じ。
これには、「さすがクローム!」って思っちゃった。
バッグが固いので、例えば床とかに置いた場合も自立して立ってくれるのも良いところ。
レンズとかが取り出しやすい!

バッグ内部へのアクセスは楽チンで、カメラもレンズも取り出しやすいし、外側にはジップ付きのポケットが2つ。背面にあるポケットにはあまりゴツゴツしたものは入れないようが良いですね。背中痛くなっちゃう。
メインの両サイドにもポケットがあって、SDカードケースだったり、レンズキャップとかの収納もできる。フィルムで撮影してる人は予備のフィルムを入れておくと良いかもですね。

バッグの大きさですが、そこまで大きいバッグではないので、主にミラーレス機を使ってる人にオススメ。


余談

バッグ内部には取り外し可能な保護パットがあるんだけど、僕はこんな感じで使ってます。
これ便利なんだけど、どう使おうか迷うんだよね。自分が使いやすいポジション見つけれた時は、ちょっと嬉しいやつ。

まずは大きいパットでカメラが入るスペースを作る


隣の部屋にレンズを1つ


レンズの上から保護パットを付ける


その上にレンズを入れる


これで、本体に付いているレンスを合わせると3本持っていけます。
下に入れたやつは実際取り出しにくいから、あんまり出番の無いやつって決めてますw


まとめ

初めてのカメラバッグはクロームとなりましたが、大きさ的にはミラーレス機に丁度良くって、見た目もシックで、防水だから安心できるバッグでした!
ただし、望遠レンズはちょっと入り辛いだろうな・・・レンズ持ち運び用のバッグになっちゃう。

NICO CAMERA SLING2.0

はピストバイクに乗って、ストリートの写真撮影にぴったりのバッグでした。ピスト買おうかな・・・

-Camera
-, ,

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.