Camera Cycling

富士フイルムのおすすめレンズは!?自転車乗り目線で考えてみた。

2019年7月28日

最近お出かけできてません。
よって、とどまることを知らない物欲がフツフツと・・・フツフツと・・・

僕が使用している富士フイルムのX-T2は、防塵防滴ボディ
砂埃や雨ならボディは大丈夫!
じゃぁレンズは?って事で、サイクリングに適したレンズを選びたいと思います。


現在所有のレンズ

今持っているレンズは2つ。

  • XF18ー55mmF2.8ー4 R LM OIS
  • XF56mmF1.2 R

この2つ。そぉこいつらは・・・

防塵防滴ではないのです!!泣

「何で初めから買わないんだよ。」って聞こえてきそうですが、仕方がなかったんです。
キットレンズは評判がいいし、56mmは神って聞こえるし。。。
うん。仕方がない。


サイクリスト目線で考える使えるレンズ

サイクリングは屋外。
カメラを背負い走っていると、突然の雨!!なんて事はよくあるような無いような。
カメラに防塵防滴機能が備わっていると心強く、普段使いにも便利なやつです。
よって次に検討するレンズは、防塵防滴が備わっているレンズです。


富士フイルムの防塵防滴を備えたレンズ

レンズには皆、名前があります。最初「このアルファベットは・・・?」ってなりますが。。別記事にて分かりやすいようにまとめようと思います。

そしてまとめました!!

富士フイルムレンズのおすすめを調べる前に!レンズ名の意味を知っておきましょう。

続きを見る



防塵防滴構造のレンズにはWRと明記されています。
レンズの末尾にWRが書いてあれば防塵防滴機能搭載です!
では、WR搭載のレンズを。。


フジノンXFレンズ 単焦点レンズ(WR搭載レンズ)

  • XF16mmF1.4 R WR
  • XF23mmF2 R WR
  • XF35mmF2 R WR
  • XF50mmF2 R WR
  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
  • XF90mmF2 R LM WR
  • XF200mmF2 R LM OIS WR

フジノンXFレンズ ズームレンズ(WR搭載レンズ)

  • XF8-16mmF2.8 R LM WR
  • XF16-55mmF2.8 R LM WR
  • XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
  • XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
  • XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
  • XF16−80mmF4 R OIS WR(new)

何だか多くない?

そぉです。防塵防滴構造のレンズ多い!
選択肢が多いのはとっても良い事ですが、悩みますよね。
購入する方はどういった用途で使用するかを考えると選びやすいです。
今回はサイクリスト目線で考えています。


単焦点レンズ?ズームレンズ?

単焦点レンズなのか、ズームレンズなのか。
どちらも甲乙つけがたい魅力があります。
では、どのような違いがあるのか。

単焦点レンズの魅力

単焦点レンズの魅力はなんといっても軽量
ズームレンズに比べると軽いレンズが多く、サイクリストには優しい。
富士フイルムユーザーで単焦点レンズ推しの人多いです。なので描写力もgood

単焦点のデメリット?

単焦点レンズなので撮りたい構図で撮り辛い場合があります。
「あっ!ここ素敵!」ファインダーを覗くと
「いや、もう少し下がらないと全部入らないな。」とか
「何だか全部入りすぎてるな。もう少し進んで撮ろう」とかってなるんですよね。僕は35mm単焦点レンズをずっと使ってたので。。綺麗に撮れるんだけど・・・使い勝手は、んんー。です。


ズームレンズの魅力

それはもう、ズームできるんですから!とても便利なんです。
サイクリングで撮る写真の多くは、綺麗な景色と愛車。ってパターンです。だいたいそうなんです。後は、美味しそうなご飯とかw

ズームレンズのデメリット?

やはり単焦点レンズに比べると、若干の重量があります。
あと、バランス。X-T2はミラーレス機になるため、ボディーがコンパクト。軽量なので嬉しいのですが、長めのレンズを装着すると少しバランスが悪くなります。


じゃぁどれにする?

うん。ズームレンズにする。
使い勝手いいし、キットレンズでフジノンレンズの良さが分かったからさ。


画角で選ぼう

あとは画角ですね。「夜通し走って天の川を撮りに行く!」って方でなければ、F値はそこまで気にしなくてもいいかなーと思ってます。サイクリングだからね!

  • XF8-16mmF2.8 R LM WR
  • XF16-55mmF2.8 R LM WR
  • XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
  • XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
  • XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
  • XF16−80mmF4 R OIS WR

ズームレンズのラインナップを見ていると、あからさまに使い辛そうなレンズがあります。それは

  • XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
  • XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

そう。この2つ。
この2つは望遠レンズになります。ぶっちゃけサイクリングをしていて、400mm(換算600!!)の画角いる?ってなります。自分の自転車写らないじゃんw
ってことで今回は望遠レンズはパスね。使ってみたいけどね・・・

残すはこの4つ何だけど。1つだけズバ抜けてる奴がいるんです。
そぉこいつ。。

  • XF8-16mmF2.8 R LM WR

超広角レンズ。8mm(換算12mm)から16mm(換算24mm)肉眼では収まり切らない範囲を切り取ってくれるレンズ。

何がズバ抜けてるか。そう、それは、

価格!!
オープン価格は277,500円!!
きっと素敵な風景を収めれるんだろーなーと妄想して終わるレンズです。
はい。妄想して終わりました。

残すところ3つ。


XF16-55mmF2.8 R LM WR

使い勝手の良い標準画角。通しで2.8。
うん。赤バッチってやつ。使いたくない人は挙手。
はい。0人ですね。みんな使いたい。それくらい使ってみたいんだ。
オープン価格 162,000円


XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

何だか面白そうな絵が撮れそうな気がしませんか?
135mm(換算202mm)なんて使ったことがない。サイクリングで普段と違う景色を収められそう。
オープン価格 124,000円


XF16−80mmF4 R OIS WR

新しく発表のあった、これまた使い勝手の良いレンズが出てきました!
ボケ感MAXの写真を撮りたい方はちょっとあれですが、この画角とF4通し、おまけに手振れ補正搭載。良いな。
オープン価格 105,000円(9月下旬発売)


結局のところ

3つとも欲しいよ。結局w
でも、標準ズームレンズばかり持っててもね。しゃーないから・・・
有り余る富が欲しい。


今回はサイクリスト目線でレンズを考えてみました。
用途を考えると必要なレンズがだんだん見えてきました!あとはお財布と相談。
サイクリストのみんなはどれが欲しいですか?

有力候補は、赤バッチかなー。。
でも、手振れ補正も魅力的だし。。


レンズ選びは終わらない。


-Camera, Cycling
-, ,

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.