Cycling

ソロキャンプで必要なバーナーは?おすすめのバーナーをピックアップ。

2020年6月11日

ソロキャンプ 、というよりはキャンプをする時に必要となる「火」。

薪で火を焚くのか、それともバーナーを使うのか。

ボクのような初心者は圧倒的にバーナーが使いやすいし、自転車に載せるのならばコンパクトなものが良い。

ということで、今回はバーナーをピックアップしていきたいと思います。


同じバーナーでも種類がある

バーナーと言っても種類がいくつかあります。同じような形状のタンクでも、ホワイトガソリンが使われていたり、LPガスだったり・・・
結果としてはLPガスを使ったものが使い勝手が良さそうです!!

ガソリン?ガス?
さてはて・・・となっちゃうので、まずは燃料の違いを知っておきましょう。


人気ブランド patagoniaやTHE NORTH FACEの新作アイテムを多数取り扱い中!

LPガスとホワイトガソリン

LPガス

まずは燃料の違い。
LPガスは聞いたことがあると思います。ガスを液体化させてとっても使いやすくしている物になります。

とっても使いやすいんですが、冬場などの気温が低い場合は火力が落ちることもあるんだそうです。が、手軽さなどを考えると使ってる人が多いし、そもそも冬場にキャンプはしない。って人も多いのかな。

ここは、自分がキャンプする時のシチュエーションを考える必要がありそうですね。

ホワイトガソリン

もぉ名前からしてかっこいいですよね。
ホワイトガソリンは文字通りガゾリンを燃料としたバーナーです。火力が強く、昔から使われているようですね。
使用方法も独特で、ポンピングによってタンク内の圧力を上げてガソリンを気化させるという作業が必要となってきます。

非常に男心をくすぐるのですが、慣れが必要な作業でもあります。
一度使わせていただいたことがありますが、最初は難しかった・・・

あとは、コストパフォーマンスが良い。
燃焼が安いので、ランニングコストを下げたい人、しょっちゅうキャンプに行く人はホワイトガソリンが良いかもですね。


初めてのバーナーはLPガスがおすすめ

やっぱり使いやすく運用しやすいLPガスのバーナーが良いと思ってます。
LPガスを使った物にも実は種類があります。。。

種類ありまくりで大変です。


OD缶とCB缶

さてはて。。。
OD缶とCB缶とは。。。

OD缶(Out Door)

こうやって略されてると訳わかんなくなりますが、意味を知るとなるほど!って感じですね。

OD缶は「Out Door」の略となります。
外で使う事をイメージされているので、冬場の寒い時期にも強い構造になっています。

CB缶(Cassette Bombe)

これは馴染みのある人が多いのではないでしょうか?
カセットコンロにつけるガス缶。

コンビニにも売っているので、安価で手に入りやすいというメリットがあります。

おすすめはOD缶

アウトドアで使うだけならOD缶が良いと思っています。

実際にCB缶を使用していますが、自転車だと少しかさばります。

OD缶には、クッカーの中に収めることができる物があるので、最初はそれが良いと思います!

まとめ

キャンプをする際のバーナーのまとめでした。

最初は何買ったら良いか分かんないですよね。
まずは好きなメーカーや、デザインのものを買って使い倒してみましょう!!

人気ブランド patagoniaやTHE NORTH FACEの新作アイテムを多数取り扱い中!

-Cycling
-

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.