C以外

生後10ヶ月までに準備を!赤ちゃんが動き出す前に準備しておくべき物リスト!

2020年5月20日

いや〜。子どもの成長ってめっちゃ早い!
ついこの間、生まれてきて、うつ伏せ体操して、顔をあげることができるようになって、寝返りができるようになって、ご飯食べれるようになって・・・と、約10ヶ月でこんなに成長するのかと感動しています。

我が子は現在10ヶ月。ずり這いとハイハイで移動していますが、移動し始める前に準備しておいたほうが良い物をまとめました。

これを事前に準備しておくと怪我等の予防になり、尚且つ奥様からの信頼を得られるという男性陣は準備しておいて、考えておいて損なしのリストになります。

「これ買っておいたよ。」もしくは「これ要るかな?」
「えっ。ありがとう。。。(ちゃんと考えてくれてる!)」


それではいってみよう!


赤ちゃんが動き出す前に買うと良いもの

リッチェル Richell ベビーガード コンセントキャップ R

まずはコンセントカバー。
赤ちゃんの指は思いのほか小さいので、コンセントに指を刺して自らを充電する可能性があります。
めっちゃ危ないですし、なぜか赤ちゃんはそういった「危ない箇所」が大好き!自ら指をツッコミに行きます。
使ってないコンセントがあるご家庭は準備しておくのが良し!!


リッチェル ベビーガード コンセントフルカバー R

こちらはコンセントのフルカバータイプ。
コンセントプラグを刺していれば問題なさそうなんですが、赤ちゃんはコードが大好き。
思ったよりもパワーがある(常に全力)のでコンセントを引っこ抜く可能性があります。
コンセントが抜けると・・・ってことになるので、このフルカバータイプも必要です。


ベビーヘッドガード

赤ちゃんは全力で転びます。しかも後ろに!!
頭が重たいので後頭部を打つことも頻繁にあります。これはかなり危険(見ると、うわっ!ってなります)なので、このクッションは早めに持っといて損はありません。
しかも、ボクの頭の中では、ずり這い→ハイハイ→掴まり立ち。ってな具合に成長するものだと思っていたのですがウチの子は、ずり這い→掴まり立ち=ハイハイってな具合に、掴まり立ちとハイハイが一緒の時期だったんですね!赤ちゃんは思っている以上に成長の過程が違うので、これは早めに持っといて良。


コーナークッション

これもなんですが、赤ちゃんて角が好きなんですよね。角を発見すると、そこにめがけて一直線で、ハムハムをする。ハイハイや掴まり立ちも完璧ではないので、たまに手を出す位置を間違えたり、踏み外したりするんですよ。そして前にダイブ!その前に角があるとまぁ大変です。これもあると安心です。


網戸ストッパー

にゃんにゃん仕様になってますが、ウチは赤ちゃん仕様で導入!
赤ちゃんも掴まり立ちが始まると、網戸に行って開けちゃうんですよね。開けちゃうっていうか、開いちゃうって感じかな。
すでに網戸にロックが備え付けられているなら良いんですが、これもあると安心です。


ベビーゲート

最後は柵です。段差がある場所や、行くと危ないところに柵をして通せんぼです。
我が家はアパートなのでまだ良いですが、一軒家等の階段がある家は必須なのではないでしょうか。
意外にも玄関の段差とかも、落ちると危ないので通せんぼしておくと安心です。


まとめ

赤ちゃんが動き出す前にあったら良いものは、赤ちゃんを危険から回避するものばかり。
実際にはボクも子どもが大きくなるまで分からなかったんですよね。この時期になると「危ないなー」と思う時が多くなってきたので、これを機会に同じ子育て世代は赤ちゃんを守って、奥様から信用を得てはいかがでしょうかw


関連記事:マスキングテープで壁にデコレーションしよう!!サプライズで喜ばれる方法!!

-C以外
-,

PAGE TOP

Copyright© CC Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.